すぐ簡単に? VS カスタマイズ?

RemoteCallはとクラウド方式とオンプレミス方式の両方に対応しています。
すぐ簡単に導入するにはクラウド方式、企業環境に合わせて導入するにはオンプレミス方式をお選び下さい。

クラウド方式

レンタル方式で使用するASPサービスです。1年単位でライセンスを提供し、RSUPPORTのネットワークにログインして利用するため、導入時に別途コストがかからず、すぐ簡単に利用を開始することができます。また、最新バージョンに自動アップデートされるためメンテナンスも不要です。

[PDF] RemoteCall クラウド方式のご案内

オンプレミス方式

遠隔サポートソフトウェアを自社のネットワークにカスタマイズで構築するため、自社のシステム環境やセキュリティポリシーへの最適化が可能です。レコーディングサーバと連動して、すべてのリモートサポート内容を保存することもできます。

[PDF] RemoteCall オンプレミス方式のご案内

すぐ簡単に導入 Cloud

クラウド方式は別途サーバーを構築する必要がなく、RSUPPORTの提供するネットワークを使用します。次のような場合にRemoteCallクラウド方式をお勧めします。
– 導入時のコストが負担
– スペースが不足しており、追加の機器は設置したくない
– RemoteCallのセキュリティシステムをそのまま使用する

導入事例を見る

企業環境に最適化 On-premise

既存のシステム環境を活用し、遠隔サポートを行いたい企業向けです。次のような場合にRemoteCallオンプレミス方式をお勧めします。
– 現在使用しているシステムに合わせて導入したい
– 自社のネットワーク内で使用する
– 多くのユーザーが同時に使用する

導入事例を見る

製品導入方式の比較

区分 クラウド方式 オンプレミス方式
導入方式 年単位で使用するASPサービス 自社のネットワーク内にシステムを構築
対象 中小企業 大企業、公企業、金融機関
ライセンス ID数基準
ハードウェア 別途要
OS Windows 2008/2012 Server
DB Maria DB, MS-SQL, ORACLE, MY-SQL
カスタマイズ 不可 可能(オプション)
システム設置 訪問設置
アフターサービス 契約期間中は無料(アップグレード含) 別途契約
ネットワーク クラウドネットワーク 自社ネットワーク

お問い合わせ