RemoteCall OS 及び ブラウザ サポート状況

区分 OS/ブラウザ・バージョン オペレータ側 顧客側
Windows OS Windows 2008 Server R1、R2
Windows 2012 Server R1、R2
Windows 2016 Server
Windows 7
Windows 8、8.1
Windows 10
ブラウザ Internet Explorer 10.0 ~ 11.0
Microsoft Edge
Firefox 35以上
Chrome 40以上
macOS OS macOS 10.10 ~ 10.13.x *1
ブラウザ Firefox 35以上
Chrome 40以上
Safari 7.0以上
Mobile モバイル
サポート
iOS 9.0 ~ 12.x *2
Android 5.0 ~ 8.x *3
現場
サポート
iOS 9.0 ~ 12.x
Android 4.1 ~ 8.x
Language 日/英/韓/中/西/仏/葡 日/英/韓/中/西/仏/葡

*1 macOS用Viewerはbeta版です。
*2 iOSモバイルサポートは全端末で画面共有に対応しています。
*3 Androidモバイルサポートは全端末で画面共有と描画に対応しています。(x86_64チップセットを除く)
※Samsung Galaxyシリーズ、SONY Xperia Z/XZシリーズ、LG製端末は遠隔操作も可能です。
※他の端末及びOSバージョンは個別カスタマイズで対応可能な場合があります。
端末メーカー様のご協力および、カスタマイズ費用が発生するため別途ご相談ください。

 

【制限事項】

各OS、ブラウザのサポートポリシーの変更により、該当環境を製品サポート対象外に変更する場合があります。
開発社の推奨環境でのご利用をお勧めします。

 

■ WindowsOS全般にかかわる制限 ※Windows 2in1PC含む

  • Windows8 RT ,Surface RT,Windows mobile、Window10 Sモードには対応していません。
  • Windowsタブレットのタブレットモードでは、共有画面が正常に表示されない場合があります。

 

■ macOSにかかわる制限

  • Hackintosh等非正規端末の場合、動作保証ができません。
  • OS構成が32bit環境の場合、正常に動作しない場合があります。
  • ホスト名に50byte以上の文字を設定されている環境では利用できません。
  • macOS Viewerはbeta版のため一部ご利用できない機能があります。
  • 対応機能に関しては機能対応表をご確認ください。
  • RemoteCall MacOS Viewer (beta) 機能対応表

 

■ モバイル端末にかかわる制限

  • ルート化、Jailbreakなどを行った端末の場合、動作保証ができません。