製造業でのDX②

トレンド
2023.10.27
製造業DX

製造業でのDXを考える

Q. 自動車用ナットを製造する工場が「スマートファクトリー」になるにはどうすればいいでしょうか?(ただし、素材を金型に入れて繰り返し高圧を加えるという基本的な製造方法は変更できません。)

A. 他の企業、特に大企業の方法をそのまま取り入れるという考え方から抜け出し
DXで達成したい目標を明確にして、自分たちの企業に合う方法を見つける必要があります。

思っていた回答と違い、ちょっと戸惑いましたか?

上記の答えは、実際にスマートファクトリーを見学して直接感じたファクトです。
企業が実際に製造工程をDXする過程で最も重要に考えたポイントは、より少ない人数でより多くの仕事をすることで生産性を高めるということではありませんでした。重要なポイントは「働き方を変える」ことでした。無理やりすべてのデータを統合したり、従業員をロボットに置き換えて削減をするのではなく、全工程の中で自動化が可能か必要な部分を把握して、集中投資する方法を選択していました。
スマートファクトリー導入後も従業員の人員削減はゼロですが、従業員は以前よりも付加価値の高い仕事に集中できるようになり生産性が向上したといいます。

製造業従事者の年齢別割合

製造業DXにRemoteCallを活用

デジタルトランスフォーメーション、まだあまりにも曖昧ですか?リモートの導入で働き方を変え、生産性を高める2トラック戦略を実行することができます。例えば、地方工場の生産ライン自動化に必要な現場運営ノウハウを、本社に勤める熟練した技術者が遠隔サポートで伝授できるとしたら?短い時間ですぐに使えるスキル習得に役立ちます。

リモートツールは企業の悩みをデータ分析して開発されたものなので、現場では気付くことのできない不便で非効率な点を先に見つけ出し無くすことができます。小さく管理可能な範囲の実現可能な方法で、自分の会社のバウンダリに入る段階でデジタルトランスフォーメーションをすぐに実現できる方法はRemoteCallの活用です。

製造業DXにどうやってRemoteCallを活用すれば良いのか、
もっと知りたい方は、実際に導入された事例をぜひご確認ください。

製造業のDX導入事例

  • #DX
  • #製造業
  • #デジタルトランスフォーメーション
  • #データ
이전

トレンド 이런글은 어떤가요?

2024年のITトレンドは?

보러가기