2024年のITトレンドは?

トレンド
2024.01.01
製造業DX

みなさま、あけましておめでとうございます。2023年が終わり2024年がスタートしました!
新しい1年はどんなことが起こるのか、ワクワクする人も多いのではないでしょうか?RemoteCallが2024年IT業界のトレンドをご紹介します!

AIの普及と一般化

昨年、大変なブームを巻き起こしたチャットGPTがAI普及の出発点となりました。AIは今や、Apple SiriやAmazon Alexa、Google Nowのような個人を秘書のようにサポートするといったところから、自動運転、メディア、物流、安全、環境など、さまざまな分野で連携・拡散されています。2024年以降は新しいAIサービスとデバイスも登場してきます。
特に、Generative AI (GenAI)により、ITサービス開発がシンプルで簡単になるため、多くのビジネスチャンスが生まれるでしょう。数年後にはアイアンマンのようなAI秘書サービスが現実になるかもしれません。

デジタルツイン

デジタルツインについて聞いたことがありますか? 2024年にはデジタルツインが本格化すると予想されています。デジタルツインとは、 現実世界と対になるふたご(ツイン)をデジタル空間上に作り出し、モニタリングやシミュレーションを可能にする仕組みです。ビッグデータを活用してシステムを改善する自律性を持つことができるという点で、未来産業の主要技術として評価されています。スマート交通サービス、無機体系研究開発など多様な分野ですでにデジタルツインが適用されています。

メタバース

メタバースで会話する様子

登場初期に比べて少し下火になっていたメタバースが再び成長の可能性を模索しています。これまではゲームやチャット、エンターテインメント、教育などが開発の焦点になっていましたが、現在は産業向けになっています。産業向けメタバースは企業が現場の物理的な制限を無くし、組織のDXを加速させます。
特にスマートファクトリーを実現するために必要な技術の一つに挙げられおり、メタバースで従業員が作業に必要な部品情報や在庫、稼動状況などを簡単に把握できるようになると期待されています。個人向けのメタバースが話題にならなくても、関連技術は発展を続けていくでしょう。

ブロックチェーン

金融機関や各国政府はブロックチェーンを決済システム構築や取引記録の検証に活用を検討しています。
ブロックチェーンとは、ブロックと呼ばれる単位でデータを管理し、それを鎖(チェーン)のように連結してデータを保管する技術・仕組みのことです。取引のたびに、すべての取引参加者が情報を共有し、これを対照してデータ偽造や変造ができないようになっています。
前述したメタバース産業が本格化すると、ブロックチェーンも同時に脚光を浴びるでしょう。仮想空間で使用するデジタル資産の安定させるためです。

ブロックチェーン概念図
参考:https://www.etri.re.kr/webzine/20190329/

技術は進化し続けています。2023年はチャットGPTの話題で賑やかだったように、2024年にもみんながあっと驚く技術の発表に期待してみましょう!

  • #ITトレンド
  • #AI
  • #デジタルツイン
  • #メタバース
  • #ブロックチェーン
이전

トレンド 이런글은 어떤가요?

「分秒社会」に必要なRemoteCall

보러가기