「分秒社会」に必要なRemoteCall

トレンド
2024.01.19
分秒社会

2024年海外トレンド「分秒社会」

Don’t Waster Single Second : Time-Efficient Society 分秒社会

お隣の国、韓国の<トレンドコリア2024>で2024年最初のキーワードとして紹介された「分秒社会」。
ではいったい、分秒社会とはどのようなものでしょうか?

1) お金より時間を重要視
2) 使用時間での管理
3) 同時に進行
4) 結論を重要視
5) 支出は最小限に抑え効率を重視

分秒社会の例として、1990年代後半~2000年代生まれのジェネレーションZ、Z世代は給料が低くても通勤時間が短い職場を好むことが挙げられます。出勤時間を減らして自分の時間を確保し、プライベートを充実させるのです。効率的な時間の使い方を重要視するため在宅勤務も好まれます。(これは、勤務時間中に他のことをするというわけではなく、無駄な時間を減らして働こうという考え方です)

企業で時間を効率的に使うなら、RemoteCall

分秒社会で「時間をうまく使う」には、二つの意味が含まれています。

1) 作業スピードを上げる
2) するべきことを見定める

スピードを上げると同じ時間でも多くのことができます。しかし、本当に大切なのは、何をするべきか取捨選択をすることです。時間はすべての人に同じように与えられ過ぎさっていくものであるため、最も惜しいのは「意味のない時間」と言えます。しなくていいことに時間を取られることほど、意味の無い時間はないからです。

時間を大切にするトレンドはIT技術にも多く取り入れられています。顧客が限られた時間により多くの成果をあげるには、「意味の無い時間」を最小化するサービスが必要だからです。代表的なものとしては、お店に行って列に並ぶ代わりに、アプリで先に予約しておくといったサービスがあります。

「時は金なり」ということわざがありますが、これは個人だけに当てはまるものではありません。企業であれば、さらに時間=お金という概念が強くなるのではないでしょうか。業務効率、生産性といったキーワードが組織目標となるのもこのためです。

先に述べたのように、1) 作業速度を速め 2) するべきことを見定めるため、企業は従業員にさまざまなツールを提供します。遠隔サポートもその一つで、映像で素早く状況を把握し、現地まで行くべきか判断したり、その場で解決方法を指示するといった用途で幅広く利用されています。

以下は、遠隔サポートサービスRemoteCall無料体験申請後に受け取ることのできるレポート内容の一部です。

RemoteCallを武器に、分秒社会を賢く乗り切ってください!

※参考:<トレンドコリア2024>

  • #分秒社会
  • #トレンド
이전

トレンド 이런글은 어떤가요?

2024年のITトレンドは?

보러가기